Hypos

技術システム

Hyposは、ハイポスコントローラに従来の自動追尾型トータルステーション(TS)を接続するだけで、簡単に高精度な多側点自動変位計測システムを構築できます。

通常の計測では測定点に計測装置を設置し管理室まで配線する必要がありましたが、Hyposシステムでは、測定点にミニ反射プリズムを設置するだけで配線が不要となります。

Hyposでは、TSの設置架台の微少な変動現象に影響を受けずに測定可能なため構造物の変状測定、地滑り監視などの計測が長期間にわたり高精度で自動的に測定することができます。

システムには、オプションとして、HyposやTSを防護する収納用TSシェルターなどを準備していおります。

技術システム

近接工事における構造物の変状測定、地滑り監視に応用

鉄道の軌道監視 JR秋葉原駅改修工事に伴う軌道床計測管理
東京メトロ綾瀬車両基地立体交差事業に伴う計測管理
道路や橋梁などの
変状計測
東急渋谷駅建設工事に伴う首都高計測管理
JR利府橋梁工事に伴う計測管理

技術システム

精度の向上 マトリックス演算装置により、100m先の測点の変位量を1mmの精度で測定できます。
安定性の確保 振動、気象等の影響を補正し、測定データの安定性を
確保しています。
情報量の強化 従来の種々の変状測定では1次元の変位情報でしたが本システムでは、同時に三次元の変位情報が得られます。
施工性の向上 従来の変位測定では、測定側に計測装置を設置して管理室まで配線する必要がありましたが、本システムでは測定側にミニ反射プリズムを設置するだけで配線も不要です。
トータルコストの
低減
測点側には反射プリズム以外不要なので、測点が10数点以上になれば従来方法よりもトータルコストを低減できます。

システム構成(例)

トータルステーション(TS) 1台
Hyposコントローラ 1台
基準点ターゲット 4台
測定用プリズム n台
パソコン 1台
オプション
トータルステーション
防護シェルター
(自動開閉式)
1台

実用精度

実用精度 60m地点 120m地点
X (mm) ± 0.45 ± 1.07
Y (mm) ± 0.15 ± 0.31
Z (mm) ± 0.51 ± 1.28

私たちシーアイテック鰍ヘ「お客様により満足頂ける計測コンサルティングを目指すこと」を目的として、
2001年1月にISO9001の認証を取得しました。
品質を大切に、シーアイテックです
※ISO対象範囲:本社,横浜事務所