Weather-Site

システム構成例

システム構成例図

特長

    ● 様々な気象条件下に使用できる屋外設置タイプです。装置は、小型軽量化をはかりました。

    ● 長期間無人測定可能です。しかも低コストでの測定を実現しました。

    ● 所得データは、無線RAN、回線、モバイルなど距離や測定時間などに応じた転送方法によりパソコンに送られデータ分析、管理を行います。

    ● 風速情報はLED掲示板で“ウェザー・サイト”に表示されますので、現場の状況把握がだれでも簡単にできます。また、管理目標値を超えると黄色回転灯が、 規制値を超えると赤色回転灯が点灯します。(オプション)

    ● 警報信号を遠隔地へ通報することが出来ます。(オプション)

    ● 気圧、露点、温度、湿度、雨量も“ウェザー・サイト”に接続詞、風速同様に管理することが可能です。(オプション)

主な用途

建設工事など様々な要因で、風向・風速環境が変化し人々の生活に大きな影響を与えはじめています。

このため、風向・風速など気象に関する環境情報を把握し管理しその対策を検討する要望がでてきています。

そこで活躍するのが“ウェザー・サイト”です。

計測内容と機器構成例

計測内容と機器構成例表

測定事例

“ウェザー・サイト”は、パソコンにより風向・風速レベルを記録・監視し、必要に応じ警報を発します。

また長時間測定可能なため日時レベルの状況変化把握と管理が可能です。

測定事例図

測定にあたっては、現場環境を事前調査し測定位置、測定時間、測定事項をお打合せの上、目的に応じた測定を実施します。

私たちシーアイテック鰍ヘ「お客様により満足頂ける計測コンサルティングを目指すこと」を目的として、
2001年1月にISO9001の認証を取得しました。
品質を大切に、シーアイテックです
※ISO対象範囲:本社,横浜事務所